石原信浩も実践する、野菜炒めのコツ

野菜を切って炒める。味付けをして完成と作りやすいのが野菜炒めです。ですが作りやすい料理だからこそ奥深いものです。
料理をする石原信浩は、ちょっとしたコツを実践して美味しい野菜炒めを作っています。

石原信浩は野菜を切る時はただざくざく切りません。野菜の特性に合った切り方をしています。
石原信浩は人参は短冊切りに、キャベツはざく切りに、玉ねぎは薄切りにしています。このように野菜によって切り方を変えているのが石原信浩です。 普通の切り方をしてしまうと野菜の細胞が壊れて水が出てしまいます。その結果、べちゃべちゃになってしまうのです。

野菜炒めに葉野菜を入れる際は、十分に水を付けてしゃきっとさせます。葉野菜に水分を含ませることで繊維がしっかりして歯ごたえが良くなるのです。 こういった手間を石原信浩は惜しみません。

野菜炒めに肉を入れる際は、石原信浩は片栗粉をまぶしておきます。下味に加えて片栗粉をまぶすことで、柔らかい口当たりに仕上げます。

野菜炒めとなると強火で炒めるイメージがあります。ですが石原信浩は弱火で野菜を炒めています。 これは野菜は急激に加熱すると細胞が壊れてしまうため、それを防ぐべく弱火で時間を掛けて炒めています。
また石原信浩はフライパンに野菜をいれ、サラダオイルを野菜全体に回して掛けてよく絡ませます。そして弱火で8分前後炒めるようにしています。
さらに石原信浩は野菜に艶を与えるために水溶き片栗粉を使います。そうすることで劇的に野菜炒めが美味しくなるのです。 濃い味にしたい時はオイスターソースも使います。

石原信浩も実践する野菜炒めのコツなら、野菜炒めをより美味しくしてくれます。手間を掛けて、石原信浩のやり方で野菜炒めをより美味しくしましょう。